稼げる人はお金の扱いが違う

お金が貯まる人と貯まらない人とは、持ち物の管理の仕方がまったく違います。よく、「長い形の財布を持っているとお金が貯まる」といった話が聞かれますが、これは一体どういうことなのでしょうか?長財布は、お札を折り曲げることなくそのまま入れます。お金が貯まる人というのはお金を大事に扱いますから、それがお札を折らずにきれいにいれる…というのにつながっているようなのです。

 

また、お金が集まる人が持つ財布というのは、とてもきれい。中身もお札や小銭、カード類がきちんと整理整頓されて入れられています。逆にお金が集まらない人というのは、お財布自体がボロボロで中身はぐっちゃぐちゃ。領収書やメモの小物など…不必要なものがごっそりと入っているのです。つまり、財布の扱い方で、その人のお金の管理がわかるのです。後者の場合は、ほとんどの人が節約ができず、お金が再現なく財布から流れていくタイプといえます。

 

また、お金を稼ぐ人には、読書が好きな人が多くいます。ある統計では、比較的収入が多い人の約8割近くが、毎日少しの読書をしている…といった結果を出しました。毎日読まなくても、1ヶ月に平均して2冊ほどの本を読んでいるというのです。読書をすることによって新しい知識を吸収し、自分の糧にする…そうした学ぶ姿勢が、お金の稼ぎにも差を出しているのです。世の中は刻々と変化していますから、最近の情報や知識を集めるのは、お金を稼ぐ上で有利なこととなっているのです。


お金を稼げるのは健康管理がしっかりしているから

ある調査結果で、生活が裕福な人というのはジャンクフードをあまり食べない事がわかりました。およそ約7割の人が「好んで食べる事はない」と答えたのですからびっくりです。では逆に、一般家庭ではどうかというと…なんとジャンクフードを食べる割合は100%にも近いものとなっていました。食べ物の種類でこんなにも差があるとは、おもってもみなかった結果と言えます。

 

なぜジャンクフードを食べないのかというと、好みの影響もありますが、食べ過ぎる事による健康被害や美容への悪影響をよく知っているから…ともいえます。特に、ジャンクフードと呼ばれる食べ物は高カロリーで添加物もたっぷり。肥満体型になりやすいだけでなく、健康を損ねれば医療費や通院に時間がかかるといったこともでてきます。

 

先にも述べたように、お金を稼ぐ人というのは、リスクに対して対応するのがとても上手です。ジャンクフードは手軽で味も多くの人が好む物にしているのはわかってはいるものの、そこにあるリスクを避ける為にも、あまり口にしようとしないのです。

 

この健康や美容を考えた行動としては、エクササイズなどの運動も挙げることができます。健康でなければ働くことができない…ということがわかっているので、自分の健康の為に定期的名エクササイズやなんらかの運動をおこなっている人が、全体の7割近くもいることがわかっています。ジムに通うのもその為であり、「若いから大丈夫」なんて言っている人はいないのです。