お金が貯まる人の行動

お金を持っている人というのは、その行動がいたってシンプルです。自己投資や人間関係には惜しみなくお金を使い、無駄と思えるものは容赦なくカットもしくはお金を出すようなことはしません。質素だからこそお金がたまるのであり、ゴテッと着飾るようなことはしません。ある意味、かっこ悪いぐらいの人もいるほどです。逆に普通の人は、見栄や体裁が気になるのか、元がかかる割にはそこまで利益にならないようなことばかりをしています。

 

また、自分のスキルアップのためにかかるお金は出し惜しみしません。投資した分、しっかりと自分のものにして次のステップに生かしています。それに関してのお金の話にも堂々としており、収入や支出はもちろんのこと、節約やお金の流れなど、細かい事にもしっかりと調べて対応しています。お金の話を堂々と、避けることなく話すのはお金持ちの人の特徴となっているのです。

 

これは、人間関係でもみることができます。人と良好な関係を築く為にはお金を惜しまないのです。それは人間関係をスムーズにし、お金以上の良いおかえしを頂くことができます。仕事で味方になってくれたり、話を聞いてくれたり、困ったときには助けてくれるようになるでしょう。助けてくれる人がいると、仕事の回転も質も向上しますし、有益な情報を得る事もできて仕事に役立つこともあるのです。

 

そして、お金を稼ぐ時には、時給制といった働いた時間だけ増える足し算方式ではなく、販売量といった実質的な数字…つまりは掛け算で捉えているのです。


お金が貯まらない人の行動

お金を使うとき、何気なく使っていることはありませんか?使うときにしっかりと損得を考える人はお金持ちになれる可能性がありますが、何気なく…ただその時の気分でお金を使ってしまうのが日常茶判事であれば、お金がなかなか貯まらないものとなるでしょう。
これはお金だけでなく時間に対してもいえること。お金だけでなく時間も無駄遣いしているようでは、到底お金持ちなどにはなれないのです。時間には、お金と同等の価値があるのです。

 

また、見栄っ張りの人は、それが原因でお金がどんどん減っていってしまうものとなり…これもなかなかお金が増えにくくしてしまっているのです。人もうらやむようなブランド品、高級外車、度重なる海外旅行…と、人目を気にしすぎてしまうと、それだけにお金をかけるようになってしまいます。こういったお金はプラスになる事は少なく、逆にマイナスになってしまってお金はどんどん減る一方となります。自分への投資も兼ねているのでしたらまだしも、そうでないなら最悪です。見栄っ張りの為に使ったお金が増える事は、ほぼないのです。

 

人はよく、損をすることを恐れますが、損をしてもそれを一生の得にすれば何も問題はありません。逆に得したことになります。損をして、それを生かすことができれば結局は得となるのです。「損」を「得」に変えるようにしていきましょう。そうした発想の転換を持てれば、お金が貯まらない人から貯まる人へと変わっていけます。